市場ニュース

戻る
2015年08月20日15時11分

【材料】コーセーが続落、米系大手は「アップサイドは未だ残されている」としてレーティング最上位を継続

コーセー 【日足】
多機能チャートへ
コーセー 【日中足】

 コーセー<4922>が3日続落。前日比100円高の12010円で寄り付くなど、プラス圏で推移する場面が見られたものの後場は軟調な動きとなり、大引けは同140円安の11770円となった。
 米系大手証券では、「業績ドライバーは引き続き国内実需の強さとインバウンド売り上げだが、全て織り込み済みと考えるのは時期尚早」と指摘。「中国元の変動が及ぼすリスクは不透明だが、当面は大きな問題はない」とみて、「アップサイドは未だ残されている」とコメント。
 同証券は、コーセーのレーティング「オーバーウエイト」を継続、目標株価は13000円から14500円へ引き上げられた。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均