市場ニュース

戻る

【決算】岡山製紙、今期経常を11%上方修正

岡山製紙 【日足】
多機能チャートへ
岡山製紙 【日中足】
 岡山製紙 <3892> [JQ] が3月27日大引け後(15:00)に業績修正を発表。20年5月期の経常利益(非連結)を従来予想の10.8億円→12億円(前期は8億円)に11.1%上方修正し、増益率が34.3%増→49.3%増に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した12-5月期(下期)の経常利益も従来予想の3.1億円→4.3億円(前年同期は2.3億円)に38.2%増額し、増益率が34.2%増→85.5%増に拡大する計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  2020年5月期第3四半期累計期間の業績につきましては、板紙事業において国内経済の減速に伴い、1%前後の成長を続けてきた段ボール生産面積が2019年は前年比でマイナスとなり、当社の主要製品である段ボール原紙(中芯原紙)の販売数量は減少しました。その結果、前年同四半期と比べ若干の減収となる見込みです。 一方で、原料古紙については中国向け輸出が環境規制の影響»続く

日経平均