市場ニュース

戻る

【決算】トムソン、今期経常を49%下方修正

トムソン 【日足】
多機能チャートへ
トムソン 【日中足】
 日本トムソン <6480> が11月11日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比67.1%減の9.4億円に大きく落ち込み、従来予想の15億円を下回って着地。
 併せて、通期の同利益を従来予想の35億円→18億円(前期は53.2億円)に48.6%下方修正し、減益率が34.3%減→66.2%減に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比65.2%減の8.5億円に大きく落ち込む計算になる。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比78.0%減の2.8億円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の8.4%→3.3%に急悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  2020年3月期第2四半期累計期間につきましては、円高による為替のマイナス影響等により、前回公表(2019年5月14日)の業績予想を下回りました。 また、2020年3月期通期につきましては、米中貿易摩擦の長期化による影響拡大や、国内外における設備投資需要の鈍化等を背景に景気の下振れが懸念されます。このような情勢を踏まえ、通期の業績予想につきましては、当第»続く

日経平均