市場ニュース

戻る

【決算】日本オラクル、前期経常は7%増で7期連続最高益、今期業績は非開示

日本オラクル 【日足】
多機能チャートへ
日本オラクル 【日中足】
 日本オラクル <4716> が6月26日大引け後(15:00)に決算を発表。18年5月期の経常利益(非連結)は前の期比6.6%増の559億円に伸び、7期連続で過去最高益を更新した。8期連続増収、7期連続増益となった。なお、19年5月期の業績見通しは開示しなかった。

 同時に、従来未定としていた前期の期末一括配当を121円実施するとし、今期の年間配当は未定とした。

 直近3ヵ月の実績である3-5月期(4Q)の経常利益は前年同期比10.5%増の168億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の30.3%→31.2%に上昇した。

 ※業績予想がレンジで開示されている場合は、レンジの中央値に基づいて記事を作成しています。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 当社は、企業価値の向上により、株主の皆様に利益配分を実施していくことを会社の重要な経営課題のひとつとして認識しております。剰余金の配当につきましては、当社の事業計画に必要な資金需要、業績、キャッシュ・フローのバランスを総合的に勘案し、財務基盤の健全性、経営の自由度を確保しながら、株主の皆様への利益還元に努めることを基本方針としております。当期の配当金につき»続く

日経平均