市場ニュース

戻る

【決算】オーミケンシ、前期経常を63%下方修正、未定だった配当は2期ぶり2円で復配

オーミケンシ 【日足】
多機能チャートへ
オーミケンシ 【日中足】
 オーミケンシ <3111> [東証2] が4月26日大引け後(15:30)に業績・配当修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の3億円→1.1億円(前の期は15.1億円)に63.3%下方修正し、減益率が80.2%減→92.7%減に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の2.8億円→0.9億円(前年同期は20億円)に66.4%減額し、減益率が85.7%減→95.2%減に拡大する計算になる。

 同時に、従来未定としていた期末一括配当を2円実施し、2期ぶりに復配する方針とした。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 国内のレーヨン販売は前連結会計年度に比べて改善したものの、海外販売が当初計画を下回ったこと等により、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益ともに、前回発表予想数値を下回る見込みです。

 当社は大正6年滋賀県彦根市に設立し、平成29年10月に創立100周年を迎えることができました。これもひとえに株主の皆様をはじめ関係各位»続く

日経平均