市場ニュース

戻る

【決算】UMN、前期最終を赤字拡大に下方修正

UMN 【日足】
多機能チャートへ
UMN 【日中足】
 UMNファーマ <4585> [東証M] が1月31日大引け後(23:10)に業績修正を発表。16年12月期の連結最終損益を従来予想の34.5億円の赤字→137億円の赤字(前の期は33.9億円の赤字)に下方修正し、赤字幅が拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結最終損益も従来予想の18.4億円の赤字→121億円の赤字(前年同期は12億円の赤字)に下方修正し、赤字幅が拡大する計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 (1)連結業績予想 平成28年12月期の売上高につきまして、当社が第一三共株式会社と共同研究を実施しているUMN-2002(ノロウイルスVLPワクチン、以下、「UMN-2002」といいます。)に関連する売上に関し、契約において規定される当社に対する研究協力金を研究開発スケジュールに従い月割り計上しておりましたが、研究開発進捗の遅れから、一部売上を取り消すこ»続く

日経平均