市場ニュース

戻る
2016年11月10日13時00分

【決算】東洋紡、今期経常を一転2%減益に下方修正

東洋紡 【日足】
多機能チャートへ
東洋紡 【日中足】
 東洋紡 <3101> が11月10日後場(13:00)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比9.4%減の87.4億円に減り、従来の14.0%増益予想から一転して減益で着地。
 併せて、通期の同利益を従来予想の230億円→200億円(前期は203億円)に13.0%下方修正し、一転して1.9%減益見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比4.8%増の112億円に伸びる計算になる。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比0.3%増の53.3億円となり、売上営業利益率は前年同期の6.7%→7.4%に改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 当第2四半期連結会計期間においては、アクリル繊維において中国アンチダンピング政策の影響を受けたこと、また、生活・産業資材の一部製品を取り巻く市場環境が悪化したこと、さらにはブラジルにおける繊維事業の休止を決定したことなどから、当第2四半期連結累計期間の業績は、前回公表した連結業績予想を下回ることとなりました。第3四半期以降は、フィルム新製品の拡販などを見込»続く

日経平均