市場ニュース

戻る
2016年11月07日16時00分

【決算】サンデンHD、今期最終を一転赤字に下方修正、配当も無配転落

サンデンHD 【日足】
多機能チャートへ
サンデンHD 【日中足】
 サンデンホールディングス <6444> が11月7日大引け後(16:00)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終損益は72億円の赤字(前年同期は23.4億円の黒字)に転落した。
 併せて、通期の同損益を従来予想の70億円の黒字→30億円の赤字(前期は69.6億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終利益は前年同期比9.0%減の42億円に減る計算になる。

 業績悪化に伴い、従来15円を計画していた期末一括配当を見送り、8期ぶりに無配転落(前期は15円)とする方針とした。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結最終損益は50.7億円の赤字(前年同期は5.4億円の赤字)に赤字幅が拡大し、売上営業利益率は前年同期の0.6%→0.0%に悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  円高による為替換算の影響に加え、国内における流通システム事業の販売減少、並びに将来の事業成長に向けた抜本的構造改革の実施に伴う特別損失の計上等により、上記のとおり、通期の業績予想を修正いたします。 第3四半期以降の想定為替レートにつきましては、直近の為替動向をふまえUS$を105 円から102 円に変更いたしました。これにより通期想定為替レートは、US$»続く

日経平均