市場ニュース

戻る
2016年01月06日16時45分

【市況】【↓】日経平均 大引け|大幅に3日続落、北朝鮮の水爆実験・中国景気懸念でリスク回避 (1月6日)


日経平均株価
始値  18410.57
高値  18469.38(09:08)
安値  18064.30(12:34)
大引け 18191.32(前日比 -182.68 、 -0.99% )

売買高  20億0761万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆4307億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は大幅に3日続落、リスク回避の売り優勢
 2.中国の景気先行き懸念、北朝鮮の水爆実験発表を嫌気
 3.円高、「iPhone6s」減産報道も追い打ち
 4.東証33業種のうち30業種が下落
 5.売買高は9営業日ぶりに活況の節目20億株を上回る


■東京市場概況

 前日の米国市場では、ダウは9ドル高と4日ぶりに小反発した。自律反発狙いの買いが入ったが、中国をはじめ世界景気の減速が懸念され上値は重かった。

 東京市場では、日経平均は182円安と大幅に3日続落し、一時は1万8000円割れまで64円に迫った。大発会からの3日続落は1995年以来21年ぶりで、3日間の下げ幅は842円に達している。

 反発して寄り付いたものの、中国景気の先行き不透明感が重石となってマイナス圏に転落。北朝鮮での人工的な地震発生、その後の北朝鮮による水爆実験成功の発表を受けてリスク回避の売りが鮮明となり、指数の下げ幅は一時309円に達した。極東の地政学的リスクの高まりを背景とした1ドル=118円台後半への円高進行、アップルの「iPhone6s」減産報道も投資家心理の悪化に拍車を掛けた。

 JX <5020> や国際石開帝石 <1605> 、三菱商 <8058> 、住友鉱 <5713> など資源エネルギー関連株の下げがきつい。新日鉄住金 <5401> やTDK <6762> 、津田駒 <6217> 、マツダ <7261> といった輸出関連株も総崩れ。一方、エーザイ <4523> やサカタタネ <1377> 、伊藤園 <2593> など内需関連株の一角が堅調だった。

 今後、仮に1万8000円の抵抗ラインで踏みとどまれなかった場合、下値メドとして一目均衡表(週足)の雲下限(1万7740円)、24ヵ月移動平均線(1万7551円)が意識されることになる。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はエーザイ <4523> 、日産化 <4021> 、塩野義 <4507> 、テルモ <4543> 、アステラス <4503> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約15円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファナック <6954> 、日東電 <6988> 、TDK <6762> 、ファストリ <9983> 、ソフトバンク <9984> 。押し下げ効果は約65円。


 東証33業種のうち上昇は医薬品、水産・農林業、食料品の3業種のみ。下落率の小さかった上位5業種は(1)不動産業、(2)精密機器、(3)小売業、(4)電気・ガス業、(5)その他金融業。一方、下落率の大きかった5業種は(1)石油石炭製品、(2)鉱業、(3)その他製品、(4)非鉄金属、(5)鉄鋼。

■個別材料株

△ソフトフロン <2321> [JQG]
 女性の多様な働き方を支援する新会社を設立。
△フォーサイド <2330> [JQ]
 スマホ向け次世代SNSアプリを3月にリリース。
△JIN <3046>
 12月の既存店売上高は前年同月比15.2%増。
△日産化 <4021>
 「余剰資金で自社株買い」と報道。
△石川製 <6208> 、東京計器 <7721>
 「北朝鮮で核実験の可能性」と報道。
△日本トリム <6788>
 今期配当を10円増額修正。
△Uアローズ <7606>
 12月既存店売上高は4.6%増と9ヵ月連続プラス。
△3DM <7777> [JQG]
 カナダで「3次元細胞培養」の特許を取得。
△ベルク <9974>
 3-11月期(3Q累計)経常が17%増益で着地。

▲フジコーポ <7605> [JQ]
 公募増資と売り出しを実施。
▲任天堂 <7974>
 SMBC日興証が「中立→弱気」に格下げ。
▲トレイダーズ <8704> [JQ]
 東証が信用規制を強化。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ポールHD <3657> 、(2)ITFOR <4743> 、(3)エレコム <6750> 、(4)デジアーツ <2326> 、(5)さくらネット <3778> 、(6)ブイキューブ <3681> 、(7)ネクスト <2120> 、(8)石川製 <6208> 、(9)モバクリ <3669> 、(10)ジンズメイト <7448> 。

 値下がり率上位10傑は(1)ブレインP <3655> 、(2)タダノ <6395> 、(3)タカタ <7312> 、(4)任天堂 <7974> 、(5)ライドオンE <6082> 、(6)日本マイクロ <6871> 、(7)テクノスJ <3666> 、(8)HUG <3676> 、(9)安川電 <6506> 、(10)橋本総業 <7570> 。


【大引け】

 日経平均は前日比182.68円(0.99%)安の1万8191.32円。TOPIXは前日比15.87(1.05%)安の1488.84。出来高は概算で20億7618万株。値上がり銘柄数は359、値下がり銘柄数は1493となった。日経ジャスダック平均は2621.10円(18.92円安)。

[2016年1月6日]

株探ニュース

日経平均