鳥獣被害対策関連が株式テーマの銘柄一覧

近年、鳥獣被害が問題化している。農林水産省によると、農作物の被害額は2013年度が199億円、2012年度は230億円と、年間200億円前後で推移。温暖化による野生生物の生息域の拡大のほか、狩猟者の減少による捕獲数の低下、耕作放棄地の増加や過疎化の進展などにより、シカやイノシシなどが生息数を大きく伸ばしたことが原因となっている。こうしたことから、鳥獣被害防止の取り組みを支援することを目的に、鳥獣被害防止特措法が成立。罠や電気柵、捕獲などの駆除費用の交付されることとなった。これにより、鳥獣被害対策製品などを製造する企業の業績を押し上げている。

時価総額別

(単位:億円)
コード
銘柄名 市場   株価
  前日比
ニュース PER
PBR
利回り
3524 日東網 東S 1,339 -11 -0.81% 23.2 0.56 3.73
5658 日亜鋼 東S 235 +1 +0.43% 7.6 0.24 4.26
6814 古野電 東P 1,007 -2 -0.20% 12.7 0.61 2.48
7821 前田工繊 東P 3,050 -30 -0.97% 17.8 2.24 0.92
※市場略称:「東P」:東証プライム、「東S」:東証スタンダード、「東G」:東証グロース、「東E」:東証ETF、「東EN」:東証ETN、「東R」:東証REIT、「東IF」:東証インフラファンド、「名P」:名証プレミア、「名M」:名証メイン、「名N」:名証ネクスト、「名E」:名証ETF 、「札A」:札証アンビシャス、「福Q」:福証Q-Boart
※名証の「プレミア」はプライム、「メイン」はスタンダード、「ネクスト」はグロースの各市場に含めて掲載しています。
※現値ストップ高は「S」、現値ストップ安は「S」、特別買い気配は「」、特別売り気配は「」を表記。
※PER欄において、黒色「-」は今期予想の最終利益が非開示、赤色「」は今期予想が最終赤字もしくは損益トントンであることを示しています。


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク