子育て支援関連が株式テーマの銘柄一覧

少子高齢化と人口の減少に悩む日本の重要な課題の一つに、人口の維持がある。そのためには出生率の本格的な回復が重要であり、対策としての子育て支援の充実は重要な政策的課題となっている。
特に出産が女性のキャリアの中断や喪失、あるいは生涯所得の大幅な減少に結びついている現状から、女性が仕事と育児を両立できる働き方を実現することが不可欠であり、待機児童対策などが喫緊の課題となっている。

市場別

時価総額別

(単位:億円)
コード
銘柄名 市場   株価
  前日比
ニュース PER
PBR
利回り
1413 ヒノキヤG 東1 2,554 0 0.00% 8.9 1.56 3.92
2122 インタスペス 東M 1,020 -30 -2.86% 20.3 1.35 1.96
2152 幼児活動研 JQ 1,165 -16 -1.35% 15.9 1.75
2168 パソナG 東1 2,078 +45 +2.21% 13.1 2.21 1.44
2305 スタ・アリス 東1 2,267 +9 +0.40% 14.5 1.52 2.21
2373 ケア21 JQ 895 +6 +0.67% 15.1 2.26 1.68
2415 ヒューマン JQ 895 +1 +0.11% 7.6 0.78 2.68
2462 ライク 東1 2,097 -2 -0.10% 15.4 3.97 2.00
2749 JPHD 東1 287 +4 +1.41% 17.3 2.51 1.57
3001 片倉 東1 1,532 -13 -0.84% 11.7 0.85 1.04
3939 カナミックN 東1 664 +5 +0.76% 58.1 15.18 0.38
4014 カラダノート 東M 1,513 +55 +3.77% 65.8 10.04
4343 イオンファン 東1 2,345 -9 -0.38% 2.78 1.28
4661 OLC 東1 16,315 +90 +0.55% 7.03
4665 ダスキン 東1 2,558 -30 -1.16% 25.8 0.87 1.95
※現値ストップ高は「S」、現値ストップ安は「S」、特別買い気配は「」、特別売り気配は「」を表記。
※PER欄において、黒色「-」は今期予想の最終利益が非開示、赤色「」は今期予想が最終赤字もしくは損益トントンであることを示しています。

日経平均