位置情報ゲーム(位置ゲー)関連が株式テーマの銘柄一覧

「位置情報ゲーム」はスマートフォンや携帯電話の位置情報を利用したゲームのこと。「位置ゲー」などと略される。

位置ゲーはプレーヤーが現実世界のさまざまな場所を実際に訪れることがゲームの要素となっているため、自治体による町おこしや現地企業などのマーケティングにも用いられることも多く、ゲームという枠を超えた注目を集めるようになった。

2012年に米Googleの社内ベンチャー「ナイアンティックラボ」がリリースした位置ゲー「Ingress」はそのゲーム性の高さから、じわじわとプレーヤーを広げ、2014年頃には大きな注目を集めるゲームとなった。Ingressは日本国内でも大きな成功を収め、ナイアンティックはGoogleから独立。任天堂(7974)やフジ・メディア・ホールディングス(4676)傘下のフジテレビジョンの出資を受けるとともに、Ingressのプラットフォームを用い「ポケモンGO」の開発に参画。

2016年7月に米国でリリースされたポケモンGOの大ヒットが世界的話題になり、任天堂株が急騰。これとともに、位置ゲーに関連した企業の株価も一斉に買われた。

時価総額別

(単位:億円)
コード
銘柄名 市場   株価
  前日比
ニュース PER
PBR
利回り
2593 伊藤園 東P 5,470 -30 -0.55% 56.8 4.10 0.73
2651 ローソン 東P 5,040 0 0.00% 22.9 1.78 2.98
3668 コロプラ 東P 700 +5 +0.72% 1.17
3765 ガンホー 東P 2,143 -12 -0.56% 1.20
3912 モバファク 東P 931 -9 -0.96% 2.59
3935 エディア 東G 482 -14 -2.82% 22.7 3.21
4676 フジHD 東P 1,093 +8 +0.74% 9.0 0.30 3.66
7974 任天堂 東P 5,959 -17 -0.28% 17.3 3.19 2.89
8306 三菱UFJ 東P 758.7 +7.5 +1.00% 9.3 0.55 4.22
9984 SBG 東P 6,079 +15 +0.25% 0.75 0.72
※市場略称:「東P」:東証プライム、「東S」:東証スタンダード、「東G」:東証グロース、「東E」:東証ETF、「東EN」:東証ETN、「東R」:東証REIT、「東IF」:東証インフラファンド、「名P」:名証プレミア、「名M」:名証メイン、「名N」:名証ネクスト、「名E」:名証ETF 、「札A」:札証アンビシャス、「福Q」:福証Q-Boart
※名証の「プレミア」はプライム、「メイン」はスタンダード、「ネクスト」はグロースの各市場に含めて掲載しています。
※現値ストップ高は「S」、現値ストップ安は「S」、特別買い気配は「」、特別売り気配は「」を表記。
※PER欄において、黒色「-」は今期予想の最終利益が非開示、赤色「」は今期予想が最終赤字もしくは損益トントンであることを示しています。


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク