9691 両毛システムズ JQ
-円
前日比
(-%)
比較される銘柄: キーウェアNTTDインコムチュア
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.0 0.43 2.06

銘柄ニュース

戻る
2016年01月27日10時33分

両毛システムが急反落、販管費増などで第3四半期営業利益は3割減益

 両毛システムズ<9691>が急反落し昨年来安値を更新している。26日の取引終了後に発表した第3四半期累計(15年4~12月)の連結決算が、売上高85億2100万円(前年同期比8.1%増)、営業利益は1億1500万円(同29.9%減)と大幅減益となり、10~12月では営業損益が2000万円の赤字となったことが嫌気されている。マイナンバー制度の開始によるシステム対応などで、ソフトウエア投資が増加傾向にあることに加えて、ネットワークセキュリティや情報漏洩防止などセキュリティーソリューション需要の高まりから商談環境は堅調なものの、販管費などの増加が利益を圧迫した。

 なお、16年3月期通期業績予想は、売上高125億円(前期比9.3%増)、営業利益5億5000万円(同6.7%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2016年01月27日 10時33分

【関連記事・情報】

日経平均