8889 アパマンショ JQ 09:16
972円
前日比
+28 (+2.97%)
比較される銘柄: JAMアンビションハウスドゥ
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.1 3.73 1.23 1,921

銘柄ニュース

戻る
2015年11月02日11時18分

アパマンショップHD---3ヶ年を加えた新中計を策定、20年9月期に営業利益倍増を目指す


アパマンショップホールディングス<8889>は29日、2015年9月期決算と同時に中期経営計画の策定及び一部見直しを発表した。2017年9月期までの「第2次中期経営計画」に加え、さらにその先の3ヶ年を追加した5年計画を策定した。

5年計画に当たっては、(1)新商品(保険の月額払、24時間駆付けの月額商品)の販売、及び家賃保証事業の内製化を開始し、契約件数が堅調に推移していること、(2)プロパティ・マネジメント事業において、管理戸数の増加が堅調に推移し、今後の管理受託体制の強化及び管理受託数の増加、(3)斡旋事業において、直営事業の店舗出店を積極的に展開していくこと、などを織り込んでいる。

数値目標は、2016年9月期は売上高を減額し、経常利益、当期純利益を増額。2017年9月期は売上高、営業利益、経常利益を増額し、当期純利益を減額した。中計最終年度となる2020年9月期は、売上高560.00億円、営業利益49.00億円、経常利益46.00億円、当期純利益27.00億円を計画しており、営業利益では2015年9月期実績(24.07億円)に対して倍増を目指す。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均