8766 東京海上 東証1 15:00
5,343円
前日比
+58 (+1.10%)
比較される銘柄: SOMPOMS&AD第一生命HD
業績: 今期予想
保険業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.4 1.22 2.53 0.32

銘柄ニュース

戻る
2015年12月21日12時10分

東京海上、欧州大手証券は米HCC社新規連結で17年3月期以降のバリュエーション上昇を予想

 東京海上ホールディングス<8766>が続落。マイナススタートで始まり、その後も売りが優勢の展開。

 クレディ・スイス証券によると、セクターでは、自動車保険の予想以上の損害率改善により、国内損保事業の利益率改善余地は縮小していると指摘。同社に関しては、17年3月期に新規連結され米HCC社がRoNAVを引き上げる見通しのため、17年3月期以降、バリュエーションの水準は上昇すると予想。

 レーティング「アウトパフォーム」、目標株価5700円でカバレッジを再開している。
《MK》

株探ニュース



日経平均