8411 みずほFG 東証1 15:00
202.7円
前日比
-4.6 (-2.22%)
比較される銘柄: ゆうちょ銀三菱UFJ三井住友FG
業績: -
銀行業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.3 0.58 3.70 5.01

銘柄ニュース

戻る
2016年11月07日12時53分

メガバンクが買われる、海外ファンドの買い直し対象として浮上か

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>がいずれも上昇、メガバンクだけでなく地銀株も全面的に買われ、銀行セクターは業種別値上がり率で自動車セクターと首位を争う状況にある。メガバンクはPER、PBR、配当利回りいずれをとってもバリュエーション面で割安感が際立っており、リスクオフの巻き戻し局面では買いやすさが指摘される。そのなか、市場では「ここ買い主体として復活している海外投資家が、銀行株に断続的に買いを入れている。日本株のウエートを再度高める段階では、TOPIX連動型で運用する海外ファンドにとって銀行株は外せない対象」(準大手証券ストラテジスト)という。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均