8137 サンワテクノス 東証1 15:00
959円
前日比
+8 (+0.84%)
比較される銘柄: Tアルファエクセル東エレデバ
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.1 0.61 2.92 18.67

銘柄ニュース

戻る
2016年08月05日08時02分

サンワテクノス---中国経済減速の影響を受けて、第1Qの純利益は0.08億円で着地


サンワテクノス<8137>が7月28日に発表した17年3月期第1四半期(16年4月-16年6月)業績は、売上高が前年同四半期比11.1%減の226.54億円、営業利益が0.37億円(前年同四半期は3.66億円)、経常利益が0.05億円(前年同四半期は4.89億円)、四半期純利益が0.08億円(前年同四半期は3.44億円)となった。

機械部門では、液晶関連業界向けの生産設備の販売が増加し、同セグメント売上高は前年同四半期比38.5%増の16.67 億円となった。しかし電機部門、電子部門ではセグメント売上高がどちらも2桁減となった。これは中国経済減速の影響で、半導体関連業界・産業機械業界向けで厳しい受注環境が継続したことが理由。電子化が進む自動車関連業界向けは堅調

17年3月期通期については業績予想を修正し、売上高が前期比5.0%増の1,110.00億円、営業利益が同比8.0%減の22.50億円、経常利益が同比7.4%減の24.50億円、当期純利益は同比2.4%減の16.50億円としている。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均