8028 ユニファミマ 東証1 15:00
7,070円
前日比
-80 (-1.12%)
比較される銘柄: セブン&アイローソンイオン
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
40.0 3.16 1.58 0.15
決算発表予定日  2017/01/10

銘柄ニュース

戻る
2016年07月04日11時36分

ファミマとの統合控えるユニーグループの目標株価を引き上げ、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

ユニーグループ・ホールディングス<8270>が今期1Qの決算を発表しました。計画を大幅に上回る営業利益(前年同期比99%増の89億円)を計上しており、『ユニー(総合小売)、サークルKサンクス(コンビニエンスストア)ともに既存店売上や粗利率が想定を下回ったものの、コスト削減の効果により営業利益は会社計画を上回った』としています。

これを受けてSMBC日興証券では通期の営業利益が300億円を超えると予想。また、ユニーの閉店計画が期初の14店から今回19店に積み増しされ、不採算店舗整理への意欲が高まっている点も好印象と評価して、目標株価を750円から780円に引き上げています。

ご存知のように、同社は2016年9月にファミリーマート<8028>との経営統合を予定していますよね。今回の1Q決算発表は、そこに向けての安心感を与える内容となったようです。

詳しくは7/4付けの「Opening Bell」を見てみてくださいね。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均