7751 キヤノン 東証1 15:00
3,301.0円
前日比
+17.0 (+0.52%)
比較される銘柄: ニコンソニーエプソン
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
21.8 1.37 4.54 4.50

銘柄ニュース

戻る
2016年03月15日09時12分

東芝が4日続伸、白物家電売却によるリストラ進捗を評価

 東芝<6502>が売り物をこなし小幅ながら4日続伸。経営再建を目指す同社は事業の部門売却により財務リストラを進捗させているが、15日付の日本経済新聞が「(同社は)冷蔵庫や洗濯機などの白物家電事業を、中国家電大手の美的集団(広東省)に売却する方向で最終調整に入った」と報じており、これをポジティブ視する買いが先行した。「今夏までに全額出資子会社、東芝ライフスタイルの株式の大半を手放す方向で交渉しており、売却額は数百億円とみられる」と記事は伝えている。

 既に東芝は医療機器子会社の東芝メディカルシステムズについて18日までの最終合意をめざし、キヤノン<7751>との間で交渉を進めており、これに加えパソコン事業統合交渉と白物家電の売却先が決まれば一連のリストラにメドがつく。株価は3月に入り同社の再建シナリオを前向きに評価するかたちで浮上の気配をみせている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均