7731 ニコン 東証1 15:00
1,740円
前日比
+43 (+2.53%)
比較される銘柄: キヤノンパナソニックソニー
業績: 今期予想
精密機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.35 0.92 1.90

銘柄ニュース

戻る
2015年10月14日16時29分

本日の注目個別銘柄:東洋ゴム、SUMCO、竹内製など


<1926> ライト工業 1205 +40
買い優勢。前日に上半期の業績上方修正を発表している。営業利益は従来予想の18億円から33億円にまで増額、前年同期比では一転して53%の大幅増益に。第1四半期は12.3億円で同2.4倍の水準となり、業績の上振れ期待は高かったものの、修正幅は期待以上との見方が多いようだ。引き続き、建設関連株の業績上振れ傾向は強い状況にある。

<6141> DMG森精機 1560 -97
さえない。前日には9月の工作機械受注が発表されている。業界発表の受注高は前年同月比19.1%減と2ヶ月連続での2ケタ減となる。国内に関しては27カ月ぶりの前年割れに。とりわけ、主要企業別では同社のマイナス幅が大きくなっており、ネガティブに捉えられる格好に。同社の9月受注高は前年同月比40.8%減、業界数値や主要8社の数値である同11.3%減を大きく下回っている。

<2395> 新日本科学 563 +80
ストップ高。シンガポールの関連会社であるウェーブライフ・サイエンスが米ナスダック市場に上場することが買い材料視されている。同関連会社はDNAやRNAから作る核酸医薬品の研究開発を手掛け、同社の出資比率は優先株を含んで30%程度になるもよう。ナスダック上場に伴う含み益の拡大などが思惑視される格好のようだ。

<7731> ニコン 1494 -84
売り優勢。上半期営業利益は前年同期比27%減の95億円程度になったもようとの観測報道が伝わっている。従来予想の80億円は上回る格好だが、市場予想は10億円程度下回っている。業績回復への期待感がやや低下する流れにつながっているようだ。また、インテル関連としての位置づけも高く、インテルが設備投資計画を再度引き下げたこともネガティブ材料と捉えられる。

<1821> 三井住友建設 109 -50
急落でストップ安。基礎工事の際に地盤調査を一部で実施せず、虚偽データに基づいて工事をしていたことがわかったと報じられている。三井不動産グループが2006年に販売を開始した横浜市都筑区の大型マンションが対象のもよう。VWの排ガスデータ不正問題が世界的にインパクトを強めさせた経緯もあり、データ虚偽問題に対する警戒感・先行き不透明感は強まりやすい状況にもあるようだ。

<5105> 東洋ゴム 2395 -355
下げ幅広げる。防振ゴム製品で不正を行っていたことが明らかになったと報じられている。同社にとっては、断熱パネル、免震ゴムに続いての不正問題となる。同製品の売上規模は限定的であるものの、相次ぐ不正の発覚で企業の信頼性の低下につながるとして、先行き懸念が再燃する形になっているようだ。

<3436> SUMCO 1169 -98
軟調。みずほ証券では投資判断「アンダーパフォーム」を継続で、目標株価を1250円から1100円に引き下げている。スマホの需要伸び悩みなどを映して下期の300ミリウエハー出荷数量を見直しており、通期業績予想を下方修正しているようだ。15.12期営業利益は市場コンセンサスの330億円程度に対して310億円を予想、16.12期も420億円程度の市場予想に対して292億円を予想している。

<6432> 竹内製 2180 +123
大幅反発。先週末の業績上方修正を発表したが、修正幅は市場の期待値に届かず、昨日は売りが優勢の展開になった。ただ、株価下落は過剰反応として、本日は押し目買いの動きなどが強まっているもよう。前日に発表した決算は、修正値通りでサプライズはないものの、年間配当金は14円から18円へと増配を発表している。野村證券では、下期の会社計画は保守的と見られるほか、株主還元に対してより積極的な姿勢を示した点はポジティブに捉えられると指摘。

<8175> ベスト電器 136 +6
売り先行後は切り返す展開に。前日に上半期の決算を発表、営業利益は8.8億円で前年同期比14%減益、従来計画の9.5億円を下回る格好になっている。ただ、6-8月期で見ると、前年同期比47%増と収益は急回復しており、ポジティブに捉える動きも優勢のようだ。ヤマダ電機<9831>主導による経営再建の進展が意識される格好に。

<9602> 東宝 3010 +112
しっかり。前日に発表した好決算が評価材料とされる。上半期営業利益は243億円で前年同期比29.5%増益、従来計画の190億円を上回っている。つれて、通期予想は従来の321億円から350億円に上方修正へ。もともと、保守的な傾向が強い銘柄であるが、第1四半期の増益率が1ケタ台にとどまっていたこともあり、再度の上方修正にはポジティブなインパクトが強まる格好に。主力の映画事業がまれにみる豊作の年となったようだ。
《XH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均