貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
ハピネットの【株価予想】【業績予想】を見る

7552ハピネット

東証1
1,250円
前日比
+5
+0.40%
比較される銘柄
バンナムHD,
タカラトミー,
ブロッコリー
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.8 0.74 3.20 20.18

銘柄ニュース

戻る

ハピネット---1Qは売上高が462.57億円、玩具事業及びアミューズメント事業で増収


ハピネット<7552>は9日、2020年3月期第1四半期(19年4-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比2.1%減の462.57億円、営業利益が同25.0%減の5.75億円、経常利益が同23.9%減の5.73億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同68.5%減の1.37億円となった。

玩具事業の売上高は前年同期比25.5%増の163.62億円、セグメント利益は同0.2%減の2.54億円となった。バンダイの「リュウソウジャー」やBANDAI SPIRITSの「一番くじ」関連商品、トレーディングカードで「ポケモンカードゲーム」関連商品などが好調に推移し、売上高は前年同期を上回った。利益面は、一部商品について在庫の評価損失を計上したことにより、前年同期と横ばいとなった。

映像音楽事業の売上高は同12.1%減の178.29億円、セグメント利益は同21.7%減の2.78億円となった。嵐のベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」や、自社出資作品のアニメ「マナリアフレンズ」が好調に推移したものの、パッケージ市場全体が厳しい環境で推移したことにより、売上高、利益面ともに前年同期を下回った。

ビデオゲーム事業の売上高は同20.5%減の74.62億円、セグメント利益は同81.8%減の0.18億円となった。「Nintendo Switch」関連商品が引き続き堅調に推移しているものの、携帯型ゲーム機のハード及びソフトが低調に推移したことや、自社独占流通のソフトでヒット商品がなかったことにより、売上高、利益面ともに好調であった前年同期を下回った。

アミューズメント事業の売上高は同1.6%増の46.01億円、セグメント利益は同9.0%減の3.30億円となった。イベント販売や新規ロケーションの開拓を推進したことによりカプセ
ル玩具が好調に推移し、売上高は前年同期を上回った。利益面はカードゲーム機のアップデートに伴う費用が発生したことなどにより、前年同期を下回った。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比0.2%減の2,400.00億円、営業利益が同10.1%増の50.00億円、経常利益が同9.5%増の48.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同2.4%増の28.00億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均