7182 ゆうちょ銀行 東証1 15:00
1,409円
前日比
+48 (+3.53%)
比較される銘柄: 日本郵政かんぽ生命三菱UFJ
業績: 今期予想
銀行業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.6 0.45 3.55 0.86

銘柄ニュース

戻る
2015年10月19日18時30分

郵政3社新規上場【売出価格決定】ゆうちょ、かんぽともに仮条件上限で決定


11月4日に上場が予定されているゆうちょ銀行<7182>、かんぽ生命保険<7181>の売出価格が仮条件上限で決定した。売出価格で算出した各種データは次のとおり。なお、申込期間は10月20日~10月23日となる。

■ゆうちょ銀行<7182>(東証1部・銀行業)
・売出価格:1450円(仮条件:1250円~1450円)
・売出額:5980億円
・上場時時価総額:6.5兆円
・今期予想PER※:20.4倍
・前期実績PBR:0.47倍
・今期予想配当利回り:1.72%

■かんぽ生命保険<7181>(東証1部・保険業)
・売出価格:2200円(仮条件:1900円~2200円)
・売出額:1452億円
・上場時時価総額:1.3兆円
・今期予想PER※:15.7倍
・前期実績PBR:0.67倍
・今期予想配当利回り:2.55%

※今期予想PER:今期会社予想の当期純利益を上場時発行済株数で除した1株当たり利益(EPS)を用いて算出。

■日本郵政<6178>

ブックビルディング期間は10月23日まで。日本郵政が保有するゆうちょ銀行、かんぽ生命保険2社の株式の時価は、売出価格ベースで約6兆円(売出株控除後)に上る。日本郵政の株式時価総額は仮条件上限でも約6.3兆円であることから、割安感が強く意識されそうだ。

なお、日本郵政は本日、金融2社株式の売却手取金で自己株式の取得を行うことを発表している。政府保有株の売却により復興財源の確保や民営化の推進を図る。取得する株式の総数は22.5億株(発行済株式数の50.0%)。

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均