6796 クラリオン 東証1 15:00
428円
前日比
-5 (-1.15%)
比較される銘柄: パナソニック日立アルパイン
業績: 今期予想
電気機器
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
18.6 3.37 0.77

銘柄ニュース

戻る
2015年10月05日10時42分

クラリオンが4連騰、継続買い観測で年初来高値指呼の間

 クラリオン<6796>が4連騰。信用買い残は9月18日申し込み現在で大幅に減少、株式需給面の改善が進捗している一方、継続的な実需買いが観測されている。テクニカル的には9月上旬の5日・25日移動平均線のゴールデンクロスを境に上げ足が加速、400円台を回復するとともに、今年2月27日につけた年初来高値405円の更新も目前にしている。北米やアジア向けなどOEMを主力にカー電装品や車載カメラが好調に売り上げを伸ばしており、日立グループ傘下での開発やコスト面の優位性も顕在化しているもよう。16年3月期営業利益は前期比49%増の110億円と大幅増益を見込んでいるが、「足もとの進捗率から達成は十分可能」(国内証券情報部)とみられている。

クラリオンの株価は10時38分現在401円(△13円)



出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均