6753 シャープ 東証2 15:00
248円
前日比
+21 (+9.25%)
比較される銘柄: パナソニックソニー東芝
業績: 今期予想
電気機器
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
4.84 80.78

銘柄ニュース

戻る
2016年06月24日13時51分

シャープ---下げ目立つ、東証2部への指定変更の正式発表で


シャープ<6753>は下げ目立つ。債務超過が確認されたことで、東証2部への指定替えが発表されている。方向性は織り込まれていたと考えられるものの、正式発表を受けて、処分売り圧力が強まる流れになっている。指定替えは8月1日付、上場廃止にかかる猶予期間は2016年4月1日から2017年3月31日までの1年間となる。鴻海の出資によって債務超過は解消する見込みだが、再度の1部指定には何らかの施策が必要となり、やや時間を要する。また、英国民投票の情勢を受けて、後場に入り更に売りが加速しているとの見方も。
《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均