6471 日本精工 東証1 15:00
1,389円
前日比
+12 (+0.87%)
比較される銘柄: NTN不二越ジェイテクト
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
18.3 1.75 2.74 0.67

銘柄ニュース

戻る
2016年08月02日16時46分

本日の注目個別銘柄:日本精工、ニッセン、日本光電など


<9062> 日本通運 525 +5
反発。アリババと日本商品の販売で提携すると報じられている。中国の消費者がアリババの通販サイトで購入する場合、日通では現在主流の国際郵便よりも3割安い料金で中国まで輸送する計画のもよう。中国での日本商品通販購入額は今後も高成長が期待されており、最大手との提携によるメリット享受への期待が先行。ただ、排他的な提携であれば、短期的な業績インパクトは限定的とも。

<7575> 日本LL 5010 +705
前日のストップ高比例配分に続いて大幅続伸。6月8日の上場来高値を更新している。引き続き先週末に発表した第1四半期決算内容を好感、営業利益は前年同期比2.7倍の水準となり、上半期予想を大幅に上方修正している。心房細動のアブレーション治療の症例数が想定を上回る推移となっていることで、心房細動治療の関連商品が伸長しているもよう。

<6849> 日本光電 2465 -405
下落率2位。前日に発表した決算内容が嫌気されている。第1四半期営業損益は4.2億円の赤字、前年同期比では5.5億円の損益悪化となった。つれて、上半期営業利益予想は45億円から37億円に下方修正している。欧州やアジアなど海外販売の伸び悩みが業績低迷の背景、業績下振れ懸念はあったものの、短期業績は想定以上に厳しいとの見方にも。

<6471> 日本精工 919 +38
大幅続伸。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は146億円で前年同期比45%減益、市場予想を形式上30億円程度下振れている。ただ、IFRSへの会計基準移行により、独占禁止法関連費用や評価性為替差損等など一時的要因が営業利益段階で計上されている。これを考慮した実質ベースでは204億円程度の営業利益であったとみられ、実態は想定以上に底堅いとの評価に。

<8248> ニッセン 126 +30
急伸でストップ高。セブンアイが同社を完全子会社化する方向で最終調整に入ったと報じられている。会社側では協議中であるとコメントされているもよう。現在、セブンアイは議決権ベースで50.74%の株式を保有する筆頭株主となっている。買収プレミアムに対する期待感が先行する形に。ただ、株式交換での買収となる見通しであり、期待通りのプレミアムが付与されるのかは不透明。

<6875> メガチップス 1334 +207
大幅反発。いちよし証券ではレーティングを「B」から「A」に格上げしている。フェアバリューは1200円から1700円に引き上げへ。MEMSタイミングデバイスの中期的な成長に向けた具体性が高まったと判断、18.3 期以降の利益予想を上方修正しているようだ。18.3期営業利益は従来予想の17億円から25億円、前期比倍増の水準に引き上げている。

<4041> 日本曹達 484 +29
急伸。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は12.7億円で前年同期比34%減益となっているが、上半期計画の12億円を超過する状態になっている。過度な業績下振れ懸念は後退する方向とみられる。また、発行済み株式数の3.34%に当たる520万株を上限に自社株買いを取得すると発表、取得期間は本日から10月31日までと比較的短期間であり、需給面での下支えも期待される状況へ。

<5802> 住友電工 1376 -62
大幅反落。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は212億円で前年同期比4.1%減益となっている。市場予想は30-40億円程度下回ったものとみられる。会社計画比では20億円程度上振れているもようだが、市場の期待値未達で失望売りが先行する形に。ただ、複数で目標株価が引き上げられるなど、アナリストの評価は高まる状況にもある。

《XH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均