6163 エイチアンドエフ JQ 14:39
2,121円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: アイダコマツアマダHD
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.9 1.55 137

銘柄ニュース

戻る
2015年10月19日11時45分

テーマ別分析:親子上場解消に向けて買われる銘柄群


■国内外で業界再編の動きが進む

先週は、ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブによる第2位の英SABミラー買収が発表されたほか、デルによる米EMCグループの買収も伝わった。世界的に巨額のM&Aが相次いできている。また、国内でもファミリーマートとユニーグループの経営統合が正式に発表された。こうした状況下、業界再編への期待感なども次第に高まっていくと考えられるが、とりわけ、グループ再編の動きにスポットを当てたい。

コーポレートガバナンス・コード、スチュワードシップ・コードなどの導入によって、ここまではROEの向上策などに関心が高まっていたが、今後、注目度が高まりそうなのは高収益子会社の取り込みなどといったグループ再編の動きとなる。親会社に出資する投資家にとっては、高収益子会社の稼ぎが少数株主持分に配分される状況は解消したいといったニーズが強いだろう。かつ、割安な水準に放置されている上場子会社に対しては、完全子会社化を迫る要求がこれから強まっていく可能性が高いと考える。

親会社による完全子会社化に向けたTOB実施などの候補銘柄として、親子上場企業のなかで、ROEが10%以上、PBRが1.3倍未満、時価総額1000億円以下の銘柄をリストアップしている。今後、グループ再編に対する思惑などが高まりやすい銘柄と位置づけられよう。


■高ROE、低PBRの親子上場銘柄

<コード>→銘柄→親会社

<2763> エフティG 光通信
<7298> 八千代工 ホンダ
<3784> ヴィンクス 富士ソフト
<1896> 大林道 大林組
<6163> H&F 日立造船
<7215> ファルテック TPR
<9358> 宇 徳 商船三井
<1934> ユアテック 東北電力
<1775> FFE&C 富士電機
<1776> 三住道路 三井住友建設
<3347> トラスト VTHD
<1930> 北電事 北陸電力
<4239> ポラテクノ 日本化薬
<6478> ダイベア ジェイテクト
<7229> ユタカ技研 ホンダ
<7614> オーエムツー エスフーズ
<1737> 三井エンジ 三井金属鉱業
<8257> 山陽百 山陽電気鉄道
<8014> 蝶 理 東レ
<4007> 日化成 三菱ケミカルHD

出所:フィスコ作成

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均