6058 ベクトル 東証1 15:00
1,128円
前日比
-53 (-4.49%)
比較される銘柄: プラップJ共同PRサニーサイド
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
46.2 6.96 2,581

銘柄ニュース

戻る
2016年07月28日12時06分

ベクトル、有力処は動画事業急拡大を評価、業績予想とフェアバリューを引き上げ

 ベクトル<6058>が反発。カイ気配で始まったものの、買い一巡後は上げ幅を縮小。今日の安値圏で前場の取引を終えている。

 いちよし経済研究所では、海外PRはやや低調も、その他は予想を上回るペースで推移していると指摘。特に、動画事業(NewsTV)が急拡大していることを勘案し、18年2月期の営業利益予想を39億円から42億円に、19年2月期を同50億円から54億円に引き上げ。

 レーティングは「A」を継続、フェアバリューを3400円から3700円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均