5998 アドバネクス 東証1 15:00
2,853円
前日比
-14 (-0.49%)
比較される銘柄: 丸順ネツレンジーテクト
業績: 今期予想
金属製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
48.5 1.86 1.05 0.30
決算発表予定日  2017/11/10

銘柄ニュース

戻る
2016年11月16日07時46分

アドバネクス---円高の影響等で第2四半期累計決算は減収減益


アドバネクス<5998>は11月11日に2017年3月期第2四半期累計(2016年4~9月期)決算を発表。売上高が前年同期比11.6%減の87.72億円、営業利益が同76.9%減の0.84億円、経常利益が同78.8%減の0.74億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が0.04億円の赤字(前年同期は2.37億円の黒字)で着地した。大幅な減収減益となったものの、8月12日公表値に対しては売上高で0.72億円、営業利益で0.54億円、経常利益で0.74億円、四半期純利益で0.76億円それぞれ上回ることができた。

自動車向けが引き続き好調に推移したが、円高の影響に加え、OA機器向けが減少。売上高は2桁減収を余儀なくされた。一方、利益面では、売上減の影響のほか、新工場(埼玉工場、メキシコ第2工場)の立上げコストなどが圧迫。アジアの収益性改善などはあったものの、大幅減益となった。しかし、収益性改善の取り組みなどが奏功。大幅減益を見込んでいた8月12日公表値よりは減益幅を圧縮することができた。

2017年3月期通期は売上高が前期比7.2%減の177.00億円、営業利益が同32.7%減の4.50億円、経常利益が同40.5%減の4.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同62.5%減の2.20億円と8月12日公表値を据え置く。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均