5938 LIXILグループ 東証1 15:00
2,565円
前日比
+21 (+0.83%)
比較される銘柄: 三協立山TOTOタカラスタ
業績: 今期予想
金属製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.4 1.48 2.34 0.47

銘柄ニュース

戻る
2016年06月28日14時49分

LIXILが朝安後に切り返す、サービス付き高齢者向け住宅の運営受託事業をスタート

 LIXILグループ<5938>が朝安後に切り返している。グループのLIXILシニアライフカンパニーはきょう、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)「Premio(プレミオ)」の運営受託事業をスタートすると発表。第1号として埼玉県川口市に「プレミオ川口」を17年3月に開設するとしており、今後の事業展開が期待されているようだ。

 「プレミオ」は、高齢者の健康寿命延伸を目指した住空間と生活支援サービスを提供するLIXIL初のサ高住。一般的なサ高住の事業モデルであるサブリース(一括借り上げ)方式ではなく、LIXILが事業主から運営を受託し、事業主、建設会社、LIXIL(運営)が三位一体で展開する。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均