5121 藤倉ゴム工業 東証1 15:00
686円
前日比
+2 (+0.29%)
比較される銘柄: フジクラニッタ浜ゴム
業績: 今期予想
ゴム製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.3 0.72 1.75 1.97

銘柄ニュース

戻る
2016年07月11日08時15分

前日に動いた銘柄 part1:任天堂、ラウンドワン、小野薬品など


銘柄名<コード>⇒7月8日終値⇒前日比


藤倉ゴム<5121> 464 +19
引き続きマグネシウム空気電池事業に期待で。

ジャックス<8584> 472 +15
特に材料見当たらず、逃避資金の流入など需給主導か。

ライト工業<1926> 1049 +31
豪雨対策関連として関心が向かう形にも。

日本軽金属<5703> 216 +5
ポジション整理の中で買い戻し優勢か。

デジタルガレージ<4819> 2147 -174
いちよし証券ではレーティングを格下げのもよう。

イオンモール<8905> 1212 -85
決算発表後は売り優勢に。

スギHD<7649> 4930 -320
大衆薬の規制緩和報道を嫌気か。

古河機金<5715> 123 -7
信用買い方の見切り売りが優勢か。

任天堂<7974> 16270 +1335
「ポケモン GO」が米国のアプリランキングでトップに。

ラウンドワン<4680> 831 +44
7日に発表の6月月次動向を材料視。

ディップ<2379> 2854 +122
7日下落した分の反動高、需給妙味などは強く。

東京製鉄<5423> 558 +18
一部外資系証券で買い推奨格上げ観測も。

東海カーボン<5301> 251 +3
0.4倍台のPBR水準など見直しか。

ダブル・スコープ<6619> 1712 +23
突っ込み警戒感から自律反発の動きに。

東京エレク<8035> 8490 +158
SMBC日興証券では投資判断を格上げへ。

乃村工芸社<9716> 1604 +38
第1四半期増益決算で買い安心感も。

マネーパートナーズ<8732> 510 +15
6月の月次動向は前年比大幅増収となり。

HOYA<7741> 3527 +26
機関投資家のショートカバーなどが中心か。

デンソー<6902> 3399 +49
特に材料なくポジション調整の買戻しか。

大塚HD<4578> 4835 +25
UBS証券では新規に買い推奨としている。

ソフトブレーン<4779> 482 -96
週末要因からも利食い売り圧力が強まる。

KLab<3656> 767 -136
「ラブライブ」ランキングトップで急伸した反動も。

竹内製作所<6432> 1031 -92
欧州関連の代表株の一角として売り優勢。

小野薬品<4528> 3952 -279
UBS証券では新規に「セル」格付け。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均