4956 コニシ 東証1 15:00
1,276円
前日比
+3 (+0.24%)
比較される銘柄: カーバイド積水化藤森工業
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.2 0.97 1.72 4.70

銘柄ニュース

戻る
2016年02月04日08時07分

コニシ---第3四半期は増収2ケタ増益、期末配当の増額を発表


接着剤メーカーのコニシ<4956>は1月29日、2016年3月期の第3四半期累計(2015年4-12月)決算を発表した。連結業績は、売上高が前年同期比3.6%増の871.68億円、営業利益が同20.5%増の46.64億円、経常利益が同19.5%増の47.40億円、純利益が同18.3%増の27.20億円となった。

セグメント別で見ると、ボンド事業部門ではリフォーム物件や集合住宅などの建築物関連の工事堅調を背景に、内装工事用接着剤やタイル用接着剤が伸びたほか、産業資材関連、土木建築関連、CMの宣伝効果などで一般家庭用関連が伸びた。化成品事業部門では自動車業界、塗料業界向けは低調だったものの、化学工業及び電子・電機業界向けの伸びが補った。その他では、工事請負事業においてインフラ及びストック市場における補修・改修・補強工事が堅調に推移、受注物件も順調に完工し始め、売上を伸ばした。

通期業績予想は従来計画を据え置き、売上高は前期比4.5%増の1210.00億円、営業利益は同12.4%増の59.70億円、経常利益は同10.5%増の60.40億円、純利益は同24.8%増の38.00億円を見込んでいる。なお、今期の業績、将来の事業展開等を勘案し増配を発表。期末配当を5円増額し20円とした。

同社は、「ボンド」ブランドで知られる国内トップクラスの接着剤・シーリング材メーカーである。一般家庭用が有名であるが、産業用、住宅・建材用、建築・土木用と幅広い製品を揃えており、主たる市場は住宅・建築・土木関連である。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均