4912 ライオン 東証1 15:00
1,796円
前日比
+32 (+1.81%)
比較される銘柄: 花王小林製薬アース製薬
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
34.8 3.63 0.72 0.31

銘柄ニュース

戻る
2015年10月13日16時28分

本日の注目個別銘柄:明光ネット、シャープ、竹内製作所など


<2462> ジェイコムHD 1180 +161
上昇率2位。前日に発表した第1四半期決算がポジティブなインパクトにつながっている。営業利益は2.8億円で前年同期比2.9倍、上半期計画は従来予想の1.1億円から4.2億円、同92%増益にまで上方修正している。主に携帯電話業界向けサービスにおいて、適正利益での受注が大幅に拡大したもよう。また、持分法子会社の連結子会社化に伴う差益の計上で、上半期最終利益は0.5億円から12.5億円に増額修正。

<5020> JX 487.1 -6.2
反落も下げ渋る。業績観測報道、並びに、原油市況の下落を嫌気する動きが先行へ。上半期には約1000億円の在庫評価損を計上する見通しとされ、経常損益は従来予想の1400億円の黒字から100億円近い赤字になる可能性と。下振れ幅は大きいものの、原油市況下落による表面上の利益減少は相当程度織り込み済みとも捉えられているようだ。なお、実質経常利益は約900億円と計算されるが、シティグループ証券では1075億円と予想していたようだ。

<7203> トヨタ 7316 -184
売り先行。ジェフリーズ証券では完成車セクターの見方を「弱気」に変更、中期の業績予想を修正しているようだ。個別では、同社とホンダの投資判断を「バイ」から「ホールド」に格下げ。同社に関しては目標株価を8000円としているもよう。なお、一段の株主還元を予想するとして、富士重は「バイ」に格上げのようだ。

<6753> シャープ 148 +9
買い優勢。産業革新機構が本体に出資する検討に入ったと報じられている。再建策に不透明感が強い状況の中、足元では業績懸念も強まっていただけに、再建の前進に向けたニュースフローにはポジティブな反応が強まりやすいようだ。JDIとの協業範囲の拡大なども期待される状況に。一方、株主価値の希薄化などはあらためて警戒される格好にも。

<4668> 明光ネット 1426 +136
大幅続伸。先週末に決算発表、並びに、配当性向の引き上げ方針と自社株買いの実施を発表している。株主還元策の強化が評価される展開になっているようだ。今8月期配当金は前期比4円増の38円を計画、18期連続での増配見通しとなっている。今期の配当性向は42.4%だが、段階的に80%にまで引き上げて行く方針。また、発行済み株式数の4.2%にあたる115万株の自社株買いも発表。なお、業績も増収増益決算となっている。

<6432> 竹内製作所 2057 -225
大幅安。先週末に業績予想の上方修正を発表、上半期営業利益は78億円から94.3億円、前年同期比56%増益に、通期では125億円から145億円、前期比37%増益にまで増額している。ただ、第1四半期大幅増益決算から、業績上振れの可能性は織り込まれていたと見られる。新たな通期予想は市場予想を10億円程度下振れているほか、上半期もコンセンサスにやや未達であることから、材料出尽くし感が優勢になっているもよう。

<6104> 東芝機械 391 -41
急落。先週末に業績予想の下方修正を発表している。上半期営業利益は26億円から13億円に、通期では62億円から32億円に、それぞれ下方修正している。中国・東南アジア諸国の経済減速の影響で、売り上げが落ち込む格好になっているもよう。リターン・リバーサルの流れに乗って、足元で反発色を強めていた反動も強まる。

<4912> ライオン 1122 +83
上げ目立つ。バークレイズ証券では投資判断を「アンダーウェイト」から「イコールウェイト」に格上げ、目標株価も900円から1200円に引き上げている。国内トイレタリー市場での単価上昇継続など好環境のなか、一般用消費財事業と海外事業の収益改善は来期以降も続くと想定。また、今後は産業用品事業で新会社設立による効果も見込めるとしており、業績予想を上方修正しているようだ。

<1802> 大林組 1117 +34
続伸。引き続き、先週末に発表した想定以上の大幅上方修正を評価する動きになっている。SMBC日興証券では、今期営業利益は会社計画500億円に対して700億円にまで上方修正、目標株価は1250円から1400円に引き上げへ。クレディ・スイス証券(CS)でも、業績修正は非常にポジティブとして、引き続きセクター内のトップピックと評価。
《XH》

 提供:フィスコ

日経平均