4754 トスネット JQ 15:00
827円
前日比
-2 (-0.24%)
比較される銘柄: イオンディラ大成ウチダエスコ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
6.1 0.91 3.02

銘柄ニュース

戻る
2015年11月06日07時44分

前日に動いた銘柄 part2:旭化成、イメージワンなど


銘柄名<コード>⇒4日終値⇒前日比

東芝テック<6588> 397 -53
東芝の業績観測報道などが売り材料にも。

エムティーアイ<9438> 743 -45
今期の増益率鈍化見通しなどをネガティブ視か。

FJネクスト<8935> 503 -39
上半期決算の下振れ着地をネガティブ視。

森永製菓<2201> 569 -50
4日に決算発表、通期予想上方修正も出尽し感が優勢。

TSテック<7313> 3240 -185
順調な決算を発表しているが短期的な出尽し感で。

さが美<8201> 130 -11
25日線割り込んで処分売りが優勢に。

日本通信<9424> 269 -14
もみ合い下放れで追随売りの流れにも。

オカモト<5122> 989 -76
業績上方修正発表も出尽し感につながる。

エスエムエス<2175> 2206 -180
直近は岩井コスモの買い推奨などで強い動きだったが。

TAC<4319> 227 -10
通期予想据置などで出尽し感が優勢にも。

gumi<3903> 1214 -101
急ピッチのリバウンドの反動が続く格好にも。

オープンハウス<3288> 1917 -112
もみ合い下放れに追随、4日の不動産株安も影響か。

デクセリアルズ<4980> 1315 -38
決算発表後は出尽し感優勢の展開が続く。

MonotaRO<3064> 3020 -105
4日は長い上ヒゲで伸び悩み。

東芝<6502> 331.4 -11.6
上期は6年ぶり営業赤字との観測報道が伝わる。

日本郵政<6178> 1820 +60
MSCIの早期採用発表なども需給面での支援材料に。

日本郵船<9101> 332 +16
円安や原油安で見直し買いも。

旭化成<3407> 732.3 +21.3
国交省の有識者委開始などで買戻しも。

沖電気<6703> 171 0
引き続き中国事業の展開に対する先行き不透明感で。

JX<5020> 480.1 -12.2
通期経常利益は3100億円から1500億円に下方修正。

ソフトバンクG<9984> 6857 +34
前日に発表の決算にはインパクトが乏しく。

村田製<6981> 19120 +485
三菱UFJでは目標株価を22200円から24500円に引き上げ。

日本プラスト<7291> 1118 +150
タカタからのエアバッグ需要シフトなど期待で。

戸上電機<6643> 598 -100
上半期の下振れ着地には意外感も。

ミクシィ<2121> 4650 +90
一時25日線水準まで下落も切り返す。明日決算発表の予定。

イナリサーチ<2176> 710 +100
米FDAに対するSENDトライアル申請が成功。

イメージワン<2667> 341 +71
日本医師会が電子カルテ普及に向け新会社設立と報じられる。

GMOペパボ<3633> 4170 +285
10月度の「minne」月次報告をポジティブ視。

MDV<3902> 1489 +63
メディア出演をきっかけに動意見せる。

アイサンテクノ<4667> 2902 +349
経産省「戦略的イノベーション創造プログラム」業務を受託。

トスネット<4754> 1147 +150
15年9月期業績の上方修正と増配を好感。

メタップス<6172> 2750 -505
直近でフィンテック関連として人気化した反動。

ブランジスタ<6176> 1101 -299
直近の急騰で一時1500円台に乗せ売り優勢に転じる。

イーレックス<9517> 1275 +112
15年4-9月期は大幅減益ながらアク抜けとも。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均