4751 サイバーエージェント 東証1 15:00
2,653円
前日比
-67 (-2.46%)
比較される銘柄: ディーエヌエグリーミクシィ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
33.4 4.32 0.94 11.23

銘柄ニュース

戻る
2015年09月09日11時19分

サイバーが続伸、米系では営業減益の会社計画が提示されれば悪材料出尽くしから買いの好機と

 サイバーエージェント<4751>が続伸。買い気配で始まり、前日比110円高の4375円で取引を開始。その後も買い優勢となり、現在はきょうの高値圏で推移している。
 米系有力証券では、15年9月期決算で16年9月期の見通しがコンセンサス予想を大幅に下回る営業減益の会社計画が提示された場合、「短期的な悪材料となり得る」と指摘。それでも、「そうなれば悪材料出尽くしとなり、買いの好機になる」との見方で、同社は今後も大規模なM&Aに依存しないオーガニックグロースを前提とした経営戦略に基づき、「インターネットをインフラとする新たな投資機会を模索することで、収益拡大を達成できる事業構造の恩恵を受ける」と解説。
 目標株価を7300円から6800円に引き下げるものの、レーティング「オーバーウエイト」は継続している。
《MK》



【関連記事・情報】

日経平均