4718 早稲田アカデミー 東証1 15:00
944円
前日比
+10 (+1.07%)
比較される銘柄: 明光ネットベネッセHD市進HD
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.8 1.18 3.18 1.14

銘柄ニュース

戻る
2016年06月17日08時10分

早稲アカ Research Memo(7):収益が拡大し配当性向が30%を下回れば、増配の余地もあるか


■株主還元策について

早稲田アカデミー<4718>の株主への還元策としては、安定的な配当の維持を基本とし、業績の状況に応じて配当性向も勘案しながら、利益配分を行っていくことを基本方針としている。2017年3月期の1株当たり配当金は前期比横ばいの30.0円(配当性向42.6%)を予定している。配当性向に関しては30%以上を目標と考えており、今後収益が拡大し配当性向が30%を下回ってくれば増配の可能性も出てくると推測される。

また、株主優待制度を2016年3月より新たに導入している。3月末時点で100株以上の保有株主を対象として、継続保有期間3年未満は一律1,000円分、3年以上は一律2,000円分のQUOカードを贈呈する。QUOカード1,000円分として総利回りを計算すると、現在の株価水準(5月27日終値835円)で4%以上となる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均