4548 生化学工業 東証1 15:00
1,566円
前日比
+28 (+1.82%)
比較される銘柄: 科研薬ニッピダイト
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
44.3 1.29 1.66 1.69

銘柄ニュース

戻る
2015年12月25日17時07分

本日の注目個別銘柄:キヤノン、日本ペイント、日本水産など


<7751> キヤノン 3730 -304
日ぶりに反落。本日は配当権利取り最終売買日となるが、権利落ち後の換金売り圧力なども想定して、戻り売りの動きが早まってきているようだ。また、前日には未定としていた期末配当金を75円にすると発表、年間配当金は前期と同じく150円となる。一部では前期比増配を見込んでいた向きもあったようだ。シティグループ証券では、1995 年度以降、「営業増益を確保した年度は必ず増配してきた」経緯があると指摘している。

<9503> 関西電力 1381 -80
大幅続落。福井地裁では、高浜原発再稼働の差し止めを命じた仮処分決定を取り消し、同社では来年1月下旬にも再稼働を目指すと伝わっている。想定よりも幾分スケジュールは前倒しの印象もあるが、来期業績には再稼働が十分織り込まれていることもあり、短期的な出尽し感が先行しているようだ。来春には電力小売り全面自由化がスタートするなど、引き続き業界環境は厳しい状況と捉えられている。

<4548> 生化学 1821 +76
上げ幅広げる展開に。関節機能改善剤の3回投与キット製品「ヴィスコ・スリー」について、FDAから承認を取得したと発表している。米国ではヒアルロン酸製剤市場は着実な成長を続けており、特に3回投与製品が売上を伸ばしていることから、同社製品の成長などにも期待感が高まる状況へ。

<2593> 伊藤園 3095 +96
反発で8月14日の年初来高値水準に接近。16.4期の海外事業の営業利益は前期比5.3倍の16億円前後になりそうだと観測報道が伝わっている。和食人気の広がりや訪日外国人客の増加から抹茶の認知度が高まっており、上海子会社は予定よりも前倒しで黒字化の見通しと。海外事業拡大が業績をけん引するタイミングは、従来想定よりも早まるとの期待につながる。

<6134> 富士機械 1175 +20
しっかり。東海東京証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価は1380円としているようだ。四半期受注が16.3期第3四半期をボトムに回復が見込まれること、16.3期業績は会社計画を上回る見通しであること、17.3期の増収増益期待が高まったことなどを格上げの背景としている。来期営業利益は2割の増益を予想している。

<4612> 日本ペイント 2917 +128
買い優勢。SMBC日興証券では、第3四半期のプレビューをリリースしている。第3四半期累計の営業利益は前年同期比2.3倍の545億円と予想しているもよう。中国をはじめとしたアジア関連会社の子会社化に伴う上乗せが大幅増益に寄与。通期予想は据え置かれる公算だが、日本の原料安メリットと北米の自動車用塗料の販売数量の伸びが想定以上で、幾分余裕含みの進捗とみているようだ。

<6740> JDI 331 +2
堅調。ドイツ証券では投資判断を「ホールド」から「バイ」に格上げしている。目標株価も380円から530円に引き上げのもよう。生産面での歩留まりの改善、主要顧客向けの納入シェア拡大などが進んでおり、これまでディスカウント要因となってきた営業利益率の低さは、解消に向かうと捉えているようだ。外部環境の変化も16-17年度業績への影響は限定的と見ている。

<1332> 日本水産 647 +81
連日の急伸。前日はストップ高比例配分となっていた。SMBC日興証券、みずほ証券の投資判断格上げが引き続き評価材料視されている。とりわけ、目標株価がそれぞれ、960円、910円と、現値と比較して揃って乖離が大きいことから、水準訂正余地は大きいといった見方が優勢になっているもよう。

<3382> セブンアイ 5458 +62
しっかり。3-11月期営業利益は2600億円程度、前年同期比約5%増になったもようとの観測報道が伝わっている。日米でのコンビニ事業の好調がけん引役となっているようだ。ほぼ市場予想の範囲内でサプライズは乏しいものの、上半期決算数値が市場予想を下回り、通期予想を下方修正していた経緯から、当面の安心感は強まる状況にもなっている。
《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均