4461 第一工業製薬 東証1 15:00
356円
前日比
+2 (+0.56%)
比較される銘柄: アース製薬デンカ小林製薬
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.8 0.73 2.81 30.90

銘柄ニュース

戻る
2016年03月14日11時01分

一工薬が3日続伸、海外事業を加速と報じられる

 第一工業製薬<4461>が3日続伸。きょう付の化学工業日報で、海外事業を加速すると報じられており、これを好材料視した買いが入っている。

 記事によると、「界面活性剤や樹脂材料を製造する台湾の合弁会社で新工場の建設を検討する」ほか、「昨年設立したシンガポールの販社では、東アジアなどで主にショ糖脂肪酸エステル(SE)を拡販する」という。同社では20年3月期に売上高750億円、純利益36億円を目指す中期経営計画のなかで、海外売上高比率20%を目指すとしていることから、これらの海外事業強化が中期的な成長につながるとの見方が強まっているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均