4348 インフォコム JQ 15:00
1,590円
前日比
-51 (-3.11%)
比較される銘柄: NTTデータネオスユニシス
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.5 2.05 1.57 10.85

銘柄ニュース

戻る
2015年11月18日17時11分

インフォコムががん患者指導管理支援システム「OP Meister」の提供を開始

 インフォコム<4348>がこの日の取引終了後、医療機関業務システムの新製品として、がん患者指導管理支援システム「OP Meister」を新たに開発し提供を開始した。
 「OP Meister」は、がん患者への投薬指導に関する院内・薬局業務をサポートするシステムとして開発し、提供を開始したもの。電子カルテや処方・注射オーダリング、病棟薬剤業務支援・薬剤管理指導支援システム、医事会計システムなどと連携して、当日外来する抗がん剤投与患者の自動抽出を行うほか、投薬情報をもとにした副作用説明書や患者向け説明書やお薬手帳シールの出力、指導記録作成と電子カルテや医事会計システムへの情報送信などを行うという。これにより、がん患者指導管理に関する業務の効率化とともに、ペーパーレス化によるコスト低減、さらに患者情報の紛失など情報漏洩リスクの低減にもつながるとしている。
 さらに、同社が提供している「副作用マスタ(DICS MASTER)」「薬剤管理指導支援システム(PICS)」「病棟薬剤業務支援システム(Ward Meister)」などと連携させることで、投与薬剤の副作用確認や指導投薬記録の参照なども可能だという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均