4102 丸尾カルシウム 東証2 14:28
1,503円
前日比
(-%)
比較される銘柄: 中国塗児玉化東洋ドライ
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.7 0.44 2.00
決算発表予定日  2017/11/08

銘柄ニュース

戻る
2016年11月10日12時13分

丸尾カルシウム---工業用炭酸カルシウムの製造を手掛ける、電子部材など成長分野でのシェア拡大に注力


丸尾カルシウム<4102>は工業用炭酸カルシウムの製造などを手掛けている。基礎研究、応用研究を充実させ、環境にやさしい生活用品、工業用品、建築資材等の原材料や補助栄養添加剤などを独自技術で製造している。自動車用部材、建築用資材など既存分野での新製品投入によるシェアの維持拡大、電子部材、精密化学品用途など成長分野での新製品開発によるシェア拡大、アジアを中心とする世界に向けた販売体制の確立などに注力。また、ITを活用した効率的な生産体制の構築を推進している。

足元の業績では、17年3月期第2四半期(16年4-9月)の売上高が前年同期比1.7%減の56.72億円、営業利益が同136.1%増の3.27億円、経常利益が同104.3%増の3.66億円、四半期純利益が同109.1%増の2.49億円だった。販売平均単価の上昇や省エネなどによる生産コストの改善などが利益面に寄与した。

17年3月期通期については、売上高が前期比3.8%減の116.00億円、営業利益が同25.8%増の5.10億円、経常利益が同22.1%増の5.90億円、当期純利益が同24.4%増の3.85億円としている。従来予想から各利益を上方修正している。製造工程の見直しや生産コストの改善などが寄与。従来の通期計画は、売上高が121.00億円、営業利益が4.20億円、経常利益が5.00億円、当期純利益が3.20億円だった。

《TN》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均