3863 日本製紙 東証1 15:00
2,038円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: 王子HD大王紙中越パ
業績: 今期予想
パルプ・紙
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.56 1.47 0.52

銘柄ニュース

戻る
2018年05月29日10時56分

日本紙が急反落、19年3月期は最終大幅赤字で減配見通し

 日本製紙<3863>が急落し年初来安値を更新している。28日の取引終了後、未定としていた19年3月期の連結業績予想を発表しており、売上高1兆800億円(前期比3.2%増)へ、営業利益250億円(同41.9%増)、最終損益180億円の赤字(同78億4700万円の黒字)と大幅な最終赤字を見込み、また、年間配当を前期比30円減の30円としていることが嫌気されている。

 既に発表済みの秋田工場、石巻工場の洋紙事業の抄紙機停止に続き、北海道工場などの3工場についても抄紙機の停止を発表しており、これに伴い固定資産の減損損失として特別損失約200億円が発生することが響くという。一方、これら生産能力の削減に伴う固定費削減や要因合理化の効果で、約110億円の収益改善になるとしているが、これに対する反応は限定的のようだ。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均