3815 メディア工房 東証M 09:42
501円
前日比
-2 (-0.40%)
比較される銘柄: オルトPコムシード日エンター
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
49.7 3.06 6,028
決算発表予定日  2017/01/13

銘柄ニュース

戻る
2015年12月11日11時48分

注目銘柄ダイジェスト(前場):ジグソー、gumi、積水ハウスなど


サントリー食品<2587>:5180円(前日比+80円)
しっかり。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げで、コンビクション・リストに新規採用としている。目標株価も5050円から5750円に引き上げている。今後3年間の営業利益成長率は8%を予想、海外事業成長やJB買収によるコストシナジーの発現などを想定しているもよう。一方、過去6ヵ月株価はセクター平均を10%アンダーパフォームしていると指摘。キャッシュポジションからみたバリュエーションも魅力的と。

クレセゾン<8253>:2430円(前日比+113円)
大幅反発。クレディ・スイス証券では投資判断「アウトパフォーム」継続で、目標株価を2850円から3100円に引き上げている。みずほ銀行における提携カードの優先順位はオリコとなってこようが、既存事業が移管されるわけではないと指摘。同社、オリコ、みずほFGのシステム提携、事業提携の仕組みを根本的に変えるのは容易でないとして、みずほFGとの持ち合い解消の影響は限定的と捉えているようだ。

積水ハウス<1928>:2006.5円(前日比-73円)
売り優勢。前日に第3四半期の決算を発表している。累計営業利益は1116億円で前年同期比23%増益、通期予想の1600億円は据え置いている。ほぼ想定線の内容と捉えられているが、モルガン・スタンレーMUFG証券では、戸建て住宅の11月受注が冴えなかったこと、中国の売上計上の遅れは不安要素として、ややネガティブと指摘しているようだ。

小野薬品<4528>:20660円(前日比+1165円)
大幅反発。野村證券では投資判断を「バイ」でカバレッジ再開、目標株価を24000円としている。Opdivoは4つ目のがん治療法として世界的に注目されるがん免疫療法の代表的薬剤だが、16.3期下期から日本の販売が本格化、海外では17.3期の新展開に注目としている。とりわけ、Opdivoの最大の成長ドライバーとみている非小細胞肺がんの承認と販売が16.3期下期に開始の見込みと。

gumi<3903>:1014円(前日比-110円)
大幅安。上場来初の1000円大台割れとなっている。前日に上半期の決算を発表、営業損益は15億円の赤字、従来予想の17.3億円の赤字は上回る着地に。一方、今回初めて発表した第3四半期累計見通しでは、営業損益は25億円の赤字見通しとしており、11-1月期も赤字拡大の見通し。既存タイトルの売上減少を見込んでいるようだ。収益改善の兆しが見えてこないことを、あらためて不安視する動きにも。

メディア<3815>:811円(前日比+46円)
一時885円まで急伸。同社が手掛けるゲームブランドOBOKAIDEMが、スマートフォン向けゲーム「PICK-XELL(ピックセル)」をAppStore、Google Playを通じて12月10日より世界140ヶ国、11言語対応で全世界へ配信したと発表している。PICK-XELLは、画面の左右をタップするだけのシンプル操作で、地中深くに穴を掘り進めることを目指すゲームという。

ジグソー<3914>:13340円(前日比+930円)
急反発。1株につき2株の割合で株式分割を実施すると発表している。基準日は12月31日(実質的には12月30日)。株価は4日ぶりに反発しているが、上値では25日線に押し返される格好となっている。なお、前日にはマーケットE<3135>も株式分割の実施を発表しており、本日大幅高となっている。

アスラポート<3069>:580円(前日比+50円)
一時ストップ高。ベルギー発祥でグローバルにベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン」を展開するPQ LICENSING S.A.と、日本におけるル・パン・コティディアンの独占ストアライセンス権に関する契約を締結すると発表している。ル・パン・コティディアンは世界17ヶ国、228店舗に店舗展開している。特に米ニューヨークでは38店舗を展開し、現地で最も人気が高いベーカリーカフェ店舗の1つと評価されているという。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均