3696 セレス 東証M 15:00
1,545円
前日比
-31 (-1.97%)
比較される銘柄: リアルワルドミクシィC&R
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
43.4 6.36 2,131

銘柄ニュース

戻る
2016年09月07日09時49分

インフォテリア、ラクーンなどフィンテック関連が強い、株価休養十分で物色人気再燃へ

 インフォテリア<3853>が目先の利益確定売りを吸収し、4連騰と気を吐くほか、ラクーン<3031>は値幅こそ小刻みながら6日続伸、このほかGMOペイメントゲートウェイ<3769>、アイリッジ<3917>、セレス<3696>などフィンテック関連が軒並み上値を指向する展開となっている。

 全般相場にやや手詰まり感が出ているなか、きょうは外国為替市場で急速な円高が進行、これが主力株への買いを手控えさせている。中小型の内需系銘柄が相対的優位なポジションにあり、ここ株価休養十分で個人投資家資金を誘引しているフィンテック関連に物色資金が向かっている。チャート面でも底入れ浮上の兆しをみせるものが相次いでいるほか、8月下旬に日銀が第1回Fintechフォーラムを主催するなど中央銀行が同分野への注目を高めていることや、三菱UFJなどメガバンクも同分野でITベンチャーとのアライアンスに前向きな動きをみせていることが、物色人気再燃につながっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均