3656 KLab 東証1 15:00
647円
前日比
-15 (-2.27%)
比較される銘柄: ディーエヌエグリーエイチーム
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
2.61 8,257

銘柄ニュース

戻る
2016年02月24日11時01分

KLab、国内大手証券はゲーム事業の安定化が最重要課題であると指摘

 KLab<3656>が4日続落。ただ、次第に下げ幅を縮小する動きとなっている。

 大和証券はリポートで、同社の15年12月期第4四半期(10~12月)の実績は、前四半期比29%減収、営業利益は8四半期ぶりの赤字転落となったほか、16年1~3月の計画は売上高が43億円(前四半期比ほぼ横ばい)、営業損益は3億5000万円の赤字(同赤字拡大)と発表されたことについて、印象はネガティブと紹介。16年12月期大和予想の営業利益を34億円から16億円へ引き下げている。

 同証券では、今後、柱となりそうな事業計画もあるが、現時点で主力、かつキャッシュカウであるゲーム事業の安定化が最重要課題であると指摘。同社へのレーティングは未付与としている。
《MK》

株探ニュース



日経平均