3382 セブン&アイ 東証1 15:00
4,255円
前日比
-44 (-1.02%)
比較される銘柄: イオンローソンユニファミマ
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
47.0 1.69 2.12 1.41
決算発表予定日  2017/01/12

銘柄ニュース

戻る
2016年01月18日14時56分

7&iHDはプラス圏に浮上、暖冬懸念も12月販売は堅調との見方

セブン&アイ・ホールディングス<3382>は朝方、一時前週末比84円安の4999円まで売られた。ただ、後場に入り下げ幅を縮小し、プラス圏に浮上する場面もあった。

 暖冬の影響が懸念されているが、この日は都心で降雪を記録するなか冬物販売の巻き直しが期待される。また、12月の月次販売はセブン-イレブン・ジャパンの既存店が2.9%増、イトーヨーカ堂が同0.1%増と堅調だった。イトーヨーカ堂の場合、衣料品は苦戦しているものの、食品は底堅く推移している様子だ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均