3328 BEENOS 東証1 15:00
1,475円
前日比
+9 (+0.61%)
比較される銘柄: シュッピン千趣会ヤマダ電
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
24.0 2.69 1.22 552

銘柄ニュース

戻る
2015年11月04日17時51分

BEENOS Research Memo(10):買取件数を拡大させ、2ケタ増収増益を見込むバリューサイクル部門


■2016年9月期は増収減益予想、インキュベーション事業で保守的な見通し

○バリューサイクル部門
BEENOS<3328>のバリューサイクル部門の売上高は前期比16.0%増の10,000百万円、営業利益も2ケタ増益を見込んでいる。当期の施策としては、前期に引き続き「ブランディア」の認知度向上のためのテレビCMを積極投下し、買取件数を拡大していくとともに、販路チャネルについても楽天やeBayなどヤフオク!以外のサイトでの出品を強化していくことで、収益を拡大していく戦略だ。

○リテール・ライセンス部門
リテール・ライセンス部門の流通額は前期比1.5%減の7,000百万円、売上高は同19.8%増の5,000百万円、営業利益は前期並みの水準を見込む。このうちネットショッピング事業は、新規顧客獲得に向けたプロモーション費用を積極投下していくほか、粗利益率の改善やリピート通販事業の収益化にも取り組み増収増益を目指す。リピート通販とは、自社オリジナル商品でユーザーが定期的に購入するような商品を指す。継続的な売上げが見込めるため、同事業が拡大すれば収益性向上だけでなく、安定性強化にもつながることになる。

一方、商品プロデュース・ライセンス事業では、自社ライセンス商品の国内外での販路拡大に取り組んでいくほか、新たなアーティストとの契約により、関連商品の売上拡大を進めていく。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均