3289 東急不HD 東証1 15:00
690円
前日比
+13 (+1.92%)
比較される銘柄: 三井不菱地所東建物
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.3 1.00 1.88 4.66

銘柄ニュース

戻る
2016年01月20日15時30分

三井不が大幅反落し2年7ヵ月ぶり安値、12月首都圏新築マンション販売戸数34%減となり不動産業は値下り率1位

 三井不動産<8801>が2日連続で昨年来安値を更新し2013年6月以来2年7カ月ぶり安値水準に下げてきた。不動産経済研究所が19日発表した首都圏の2015年12月の新築マンションの販売戸数は前年同月比34%減と大幅に減小し、契約率は64.8%と低迷した。15年の平均販売価格は前年比9.1%上昇と堅調だったものの、足元のマンション市況悪化を警戒した売りが広ったようだ。

 「2016年も販売単価は堅調に推移し、大手不動産の利益率は高水準が続くだろう」とのアナリストの指摘はあるものの、この日の日経平均株価が再び大幅安展開に転じるなど世界同時株安の連鎖から抜け出さないでいる状況下とあって、下値で打診買いする動きは摘み取られる格好となった。

 三菱地所<8802>、東京建物<8804>、東急不HD<3289>、住友不動産<8830>・・と不動産大手株は揃って大幅反落し年初来安値を更新した。業種別株価指数で不動産業は前日比5.98%安と大幅反落し全33業種で値下り率1位となった。
(執筆者:熱田和雄 ストック・データバンク)

【関連記事・情報】

日経平均