3179 シュッピン 東証1 15:00
1,242円
前日比
-50 (-3.87%)
比較される銘柄: デファクトGDOBEENOS
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
20.5 5.01 0.56 5.77

銘柄ニュース

戻る
2015年12月25日16時21分

シュッピン Research Memo(8):専門ECサイトならではのマーケティング強化を開始


■2016年3月期第2四半期決算EC成長加速に向けた取り組み:現状と今後

(2)「見積りSNS」

シュッピン<3179>は今期からマーケティングに積極的に取り組む方針を明確にした。その最初の一歩は2015年12月にローンチされた「見積りSNS」だ。これは同社のスタッフやエキスパート・レベルのユーザー(セミプロユーザーや自前でブログ等を立ち上げているヘビーユーザーなど)に、「おすすめセット」の提案を発信してもらい、まとめ買い需要を喚起しようという取り組みだ。カメラ本体とそれに合うレンズの組み合わせ提案などが典型例と考えられるが、目的別提案(星空撮影にためのレンズと三脚、フィルターの提案、など)など組み合わせは無数に考えられる。使い勝手のポイントは提案に納得した人はワンクリックでショッピングカートに品物がそろうという点だ。

弊社では、この仕組みは特に初心者、入門者レベルのユーザーには非常に有効だと考えている。また、提案が1つの「ストーリー」でもあるため、読み物、あるいは教材としてもユーザーの注目を集め、それが同社のサイトに対するロイヤルユーザーの育成にもつながっていくものと期待している。「見積りSNS」を成功させる重要なポイントとしては、情報提供者の質をどう確保するかということと、情報提供者をつなぎ止めるためのインセンティブにあると弊社では考えている。同社によれば、それらへの対応も当然考慮してあるとのことで、成功への期待が高まるところだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均