3099 三越伊勢丹 東証1 15:00
1,354円
前日比
+34 (+2.58%)
比較される銘柄: Jフロント高島屋セブン&アイ
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
40.8 0.96 0.89 0.30

銘柄ニュース

戻る
2016年02月15日11時58分

インバウンド関連株が高い、株式市場の急反発や円安など好感

 インバウンド関連株が高い。エイチ・アイ・エス<9603>やドンキホーテホールディングス<7532>、三越伊勢丹ホールディングス<3099>などが上昇している。

 この日、東京株式市場で日経平均株価が大幅反発するなか、厳しい下げが続いていたインバウンド関連の主力株に見直し買いが流入している。為替が円安方向に振れていることも、インバウンド関連株には追い風だ。12日の決算発表で16年12月期の連結営業利益は前期比18%減の70億円と減益予想を打ち出したラオックス<8202>を除き、同関連株全般は買われている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均