信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
ブロッコリーの【株価予想】【業績予想】を見る

2706ブロッコリー

JQ
1,325円
前日比
+15
+1.15%
比較される銘柄
タカラトミー, 
寿屋, 
ハピネット
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.3 1.23 1.96 2,951
時価総額 116億円

銘柄ニュース

戻る

逆風の中で光る、21年2月期に強気見通しの25社リストアップ <成長株特集>

 小売業をはじめ内需関連が多くを占める2月期決算企業の本決算発表がほぼ出そろった。本特集では、これまでに発表された決算の中から21年2月期に増益を見込む企業をリストアップした(4月23日現在)。

 新型コロナウイルス感染拡大の収束が見えないなか、今期予想を未定とする企業が増えている。株探集計によると、23日までに20年2月期決算を開示した201社のうち、半数近い97社が21年2月期経常利益の予想値を非開示とした。こうしたなか、今回は21年2月期の業績予想を開示した104社の中から、時価総額50億円以上かつ今期経常利益が前期比5%以上増加する見通しを示している25社を選び出し、増益率が大きい順に記した。「★」は今期に経常最高益を見込む企業。

 増益率トップとなったのはダイレクトマーケティング支援事業を主力とするトライステージ <2178> [東証M]。21年2月期の経常利益は前期比2.8倍の11.1億円に急拡大する見通しだ。インターネット広告代理店を展開するWEB事業で広告改善効果の高いAIツールを導入する企業が増加する。また、ダイレクトメール発送代行のDM事業で前期に計上した貸倒引当金の計上がなくなることも大幅増益につながる。

 2位に入った西松屋チェーン <7545> は前期に経常利益が前の期比40.3%減の23.4億円に落ち込んだが、21年2月期は前期比2.1倍の50億円に急回復を見込む。今期は前期に利益圧迫要因となった値下げ販売を削減するなど採算改善に注力する方針だ。また、不採算店舗の閉店と新規出店を進めるほか、引き続きプライベートブランド商品の品揃え拡充を図る。足もとの既存店売上高は3月が前年同月比21.3%増、4月が同2.1%増と新型コロナウイルスの影響は今のところほとんど見られない。

 3位のホームセンター大手、ケーヨー <8168> は17年に資本業務提携したDCMホールディングス <3050> との商品統一による採算改善を進めている。21年2月期はDCM棚割導入改装を30店舗実施するほか、引き続き店舗オペレーションの改善に注力し、経常利益は前期比96.9%増の24億円に拡大する計画だ。中期経営計画では、利益重視の戦略実行で売上高営業利益率を23年2月期に5%(前期実績は0.5%)まで高める目標を掲げる。

 選出リストでは新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、生活必需品を販売する小売業の好調ぶりが目立つ。食品スーパーのマックスバリュ東海 <8198> [東証2]、マックスバリュ西日本 <8287> [東証2]、ライフコーポレーション <8194> 、アークス <9948> 、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス <3222> のほか、ホームセンターを主力とするアレンザホールディングス <3546> 、アークランドサカモト <9842> 、ドラッグストア運営のキリン堂ホールディングス <3194> がリスト入りしている。

 持続的な成長を続ける企業に目を向けると、6位のPR TIMES <3922> は今期に6期連続の最高益、12位のメディアドゥホールディングス <3678> は8期連続の最高益を計画する。PR TIMESは地方銀行との提携拡大などを背景に、プレスリリース配信サイト利用企業数の増加が続いている。非連結決算に移行する21年2月期の経常利益は同34.5%増の7.5億円に伸びる見込みだ。なお、業績予想は新型コロナウイルスの悪影響が秋口まで続く前提で算出している。

 電子書籍取次最大手のメディアドゥホールディングスは電子書籍市場の拡大やM&Aなどを背景に高成長を続けている。21年2月期は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う巣ごもり消費需要も追い風に、経常利益は前期比13.6%増の20億円に伸びる。出版デジタル機構の買収で膨らんだネット有利子負債が前期末時点で実質解消するなど、財務健全性も進んでいる。

 また、製造業で唯一の選出となったローツェ <6323> の21年2月期の経常利益は前期比10.4%増の82.9億円と3期連続で過去最高を更新する見通しだ。次世代通信規格「5G」の商用化やデータセンター向け設備投資の増加が主力の半導体関連装置事業に追い風となるほか、FPD関連装置では前期に受注した韓国の次世代テレビ用パネルの大型案件が業績を押し上げる。

           ┌─── 経常利益 ───┐  連続  予想
コード 銘柄名    増益率 21年2月期 20年2月期 増益期数  PER
<2178> トライSTG   176    1116    404    2  11.0
<7545> 西松屋チェ    113    5000    2348    1  18.0
<8168> ケーヨー    96.9    2400    1219    2  27.4
<8028> ファミマ    79.6   83000   46221    2  15.2 ★
<4429> リックソフト  35.3    544    402    3  50.2 ★
<3922> PRTIME  34.5    753    560    7  17.8 ★
<2706> ブロッコリー  32.3    930    703    1  20.0
<2884> ヨシムラHD  24.6    922    740    2  46.3 ★
<4763> C&R     23.6    2600    2103    2  11.6 ★
<8198> MV東海    17.9    8200    6955    2  26.0 ★

<6572> RPA     17.8    450    382    1  341
<3678> メディアドゥ  13.6    2000    1761    8  53.0 ★
<8287> MV西日本   13.5    3600    3172    2  165
<6093> エスクロAJ  10.9    490    442    2  23.5
<6323> ローツェ    10.4    8298    7517    3  12.0 ★
<3826> SI       8.1    718    664    4  15.4 ★
<1712> ダイセキS    8.0    1400    1296    2  19.3
<8194> ライフコーポ   7.8   15700   14558    3  20.3 ★
<9948> アークス     7.7   14800   13746    1  13.7
<9974> ベルク      6.8   11832   11077    15  16.8 ★

<8217> オークワ     6.5    4000    3755    3  42.6
<3222> USMH     6.0   10200    9627    1  66.2
<3546> アレンザHD   6.0    4000    3773    2  10.3 ★
<9842> アークランド   5.8   11000   10394    1  7.5 ★
<3194> キリン堂HD   5.1    3900    3711    4  12.6 ★

※経常利益の単位は百万円。

株探ニュース

日経平均