2427 アウトソーシング 東証1 15:00
3,300円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: パソナGテンプHD夢真HD
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
24.0 6.76 1.27 2.86

銘柄ニュース

戻る
2015年12月14日10時14分

アウトソーシングが強い、派遣法改正で商機とらえる

 アウトソーシング<2427>が前週末終値近辺で売り買い拮抗、日経平均が600円を超える下げをみせるなかで、強さをみせている。原油安の影響が世界的な株安連鎖につながっている。そのなか、内需主導の好業績銘柄は相対的に優位にあり、人材ビジネス関連などはその典型で資金シフトの動きがみられる。

 同社は、派遣法改正に伴い商機をとらえており、メーカーの期間工を派遣社員として採用するPEO(習熟者派遣組織)が伸びており、業容拡大につなげている。15年12月期は本業の儲けを表す営業利益が前期比54%増と高い伸びを見込んでおり、21.5%の高ROEも買いの根拠となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均